幸せな夫婦になるための約束を形に

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

Q.婚前契約書作成について注意しなければならないことはありますか?

A.法に触れるような内容(公序良俗違反や第三者の権利を侵害するような内容)の契約は無効になります。また、婚前契約書は良好な夫婦関係をいつまでも続けていくことができるように作成するものなので、お互いに過度な制約や一方的な主張を押し付けるようなことを控え、相手の事も考えてしっかりと話し合って、良い婚前契約書が作成できるように心がけましょう。


Q.事実婚の場合でも相談できますか?

A.はい。事実婚の方からの相談も受け付けております。事実婚の場合、戸籍上は他人同士ということになりますので、契約書作成をしておくことは、事実婚であることを証明するために非常に役に立ちます。また、LGBTの方からの相談も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。


Q.すでに結婚しているのですが、今から契約書を作ることはできますか?

A.はい。作成は可能です。ただし、民法754条(夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない。)により、夫婦間でした契約は婚姻中いつでも夫婦の一方から取り消すことができてしまいますので、結婚前に契約書を作成しておくことが大切です。


Q.結婚後に契約内容の変更や追加はできますか?

A.2人の合意があれば、結婚後に契約内容を変更したり追加したりすることができますが、民法754条により、夫婦の一方から取り消すことができるということになります。


Q.お金はかかりますか?

A.いいえ、当協会への相談は無料です。ただし、婚前契約書の作成をする場合は、専門家への報酬が発生いたします。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 029-303-7221 9:00 〜 17:00

  • facebook

facebook

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.